下呂温泉

岐阜

下呂温泉観光のおすすめ駐車場9選 無料駐車場も地図付き現地レポ

更新日:

 

下呂温泉

1,000年の歴史を持ち日本三名泉に数えられる下呂温泉は、美肌効果のある泉質で美人の湯とも呼ばれ東海エリアでは毎年人気ランキング1位に輝いてます。

飛騨川を挟むようにして形成された温泉街は、近年若者に人気のスイーツショップが数多く出店し湯めぐりだけではもったいないフォトジェニックなスポットが増加中。

ファミリーもカップルも楽しめるとあってリピーターが多いのも下呂温泉の特徴です。

しかし初めて下呂温泉に車で行く人はどの駐車場が観光しやすいのかわからないので心配です。

できれば駐車料金も安いほうがいいし、温泉に来て歩き疲れたなんてシャレになりません。

彼女とのドライブデートで失敗したくない人もいるでしょう。

そんな下呂温泉に観光ドライブして来たので駐車場情報をシェアします。

この記事では、マイカーで下呂温泉観光に何回も行っているはなはなが以下の内容でまとめています。

  • 下呂温泉の駐車場はどんな感じ?
  • 下呂温泉の観光時間はどれくらい?
  • 下呂温泉に無料駐車場はあるの?
  • 下呂温泉のおすすめ駐車場を教えて欲しい

これであなたも、時間を有効に使った観光ができ、家族・彼女から喜ばれること間違いありません。

特に土日祝や行楽シーズンにお出かけ予定の人はぜひ参考にしてみてくださいね。

行ってわかった駐車のコツも合わせて記載していきますので、岐阜県観光にお役立てください。

 

スポンサーリンク

 

下呂温泉の駐車場状況

下呂温泉は飛騨川にかかる下呂大橋を中心に川の両岸に温泉街が広がっています。

温泉街にある有料の公営・民間駐車場や少し離れたところには無料駐車場があり、観光客用の駐車場のトータルのキャパは400台ほどになります。

人気温泉で400台は少ないと思われるかもしれませんが、それプラス各宿が持っている宿泊客用の駐車場の方がはるかに多いので、満車でどこも停めるところがないという事はないでしょう。

今回はなはなが訪れたのは普通の土曜日で午前中はどこも空いている感じでしたが、午後からは満車のところもある感じでした。

GW・お盆・SW・三連休などの繁忙期は午前中から満車になってきますので早めの行動が望ましいです。

温泉街に宿をとった人は早めのチェックインか当日駐車可能か聞いておきましょう。駐車場探しから解放されるので観光に余裕が出ます。

 

スポンサーリンク

 

下呂温泉の観光時間はどれくらい?

温泉街の観光時間は人それぞれですので、観光スタイルによって全く異なります。

ひょっとしたら高山に行く途中に立ち寄るだけの人もいるかもしれません。

ちなみに下呂温泉から高山市内は国道41号線で約50km・車で1時間ちょっとで行くことができます。

ぐるっと回って美味しいもの食べて、お土産買って2~3時間。

足湯めぐりをするなら半日以上、外湯めぐりをするなら1日は欲しいです。

夜空を彩る花火も見るならもう泊まっちゃいましょう。

 

日帰りか? 泊まるか?

駐車場を探すにあたり、宿を予約してある場合とない場合では立ち回り方が異なります。

宿を予約してある場合は、チェックインまでの時間をどうするかを考えればいいので駐車時間は読めます。

また、大きな駐車場を持っている宿はチェックイン当日は駐車OKのところもあるので駐車代がかからない場合もあります。(宿ごとに対応がことなるので問い合わせてみましょう)

ただし温泉街からかなり離れている宿だと結局温泉街の駐車場が観光には便利という事もありますので、宿と温泉街がどれくらい離れているかも調べておきましょう。

でないとチェックインしてからまた車を出さなくては行けないので、はなはなの経験では下呂大橋を中心に半径500m程度の宿が観光しやすいです。

山の上にあるような宿は露天風呂の見晴らしはいいのですが、温泉街観光でめんどうなことになってしまいます。

日帰りの場合は、徒歩でどこまで回るかを考える必要があります。

歩くのが苦手・あまり歩きたくない・小さい子やベビーカーなので歩けない場合は駐車場移動を考えた方がいいでしょう。

 

温泉街から少し離れた合掌村

合掌村は温泉街から少し離れているので行くのを迷っている人もいるかもしれません。

白川郷などから移築した合掌造りの中に入れ、往時の生活そのままを再現した見どころがいっぱいあります。

また、ここでしか楽しめない合掌の足湯もあり、足湯めぐりをする人は外せない場所になっています。

はなはなは世界遺産の白川郷にも行ったことはありますが、ここはここの良さがあり行ってみて楽しかったのでおすすめします。

参考までに、はなはなの観光時間は下呂温泉合掌村といでゆ朝市で1時間50分でした。

はなはなのように歩くのはちょっと、という人は初めに合掌村へ行ってその後で温泉街の駐車場に移動するのもありでしょう。

ただし繁忙期だと上限のある駐車場が満車になっている可能性があり、空き駐車場を探すのに苦労するかもしれません。

はなはなは通常の土曜日でお昼ごろでしたがすんなり市営阿多野駐車場に停める事ができました。

 

足湯めぐりで外せない河原の噴泉池

以前は下呂温泉の名物になっていた露天混浴風呂。

囲いもなく下呂大橋の上から写真撮られまくりの噴泉池ですが、話のネタに女性でも入る人がいらっしゃいました・・・といっても水着着用ルール(残念w)

それを守らず、酔っぱらって気分が良くなって素っ裸で入る人がちょくちょくいらっしゃったようで、苦情が寄せられて2021年12月1日から足湯専用になってしまったのです(もっと残念)。

 

外国人は日本語が読めないという事で見なかったことに・・・水着は着用してる?・・・たぶん・・・

 

下呂温泉花火物語

毎月2~4回、土曜日の20:30から約10分間花火が上がります。

また、8月と12月の土曜日に音と光の壮大なライブショー「下呂温泉花火ミュージカル」が開催されます。

※日程は下呂温泉観光協会に要確認

下呂大橋下流飛騨川河畔が打ち上げ場所なので、宿の場所によっては部屋から花火を堪能できます。

 

近くで見るなら下呂大橋の上がおすすめです。

はなはなは部屋から花火が見える宿をチョイスしました。

 

湯めぐりを除いた観光時間は半日は欲しいところですが、2~3時間あれば温泉街はひと回りできます。

温泉街を観光して外湯めぐり・足湯めぐりにご飯を食べて帰る場合は1日かけてゆっくりするのがおすすめ。

少し帰宅が遅くなりますが土曜日なので旅の記念に花火を観て帰ってもいいでしょう。

 

今回はなはなが部屋から花火を観た宿は「下呂ロイヤルホテル雅亭」さんです。

入口玄関右に雅の足湯があり自由に浸かることができます。

飛騨川右岸の温泉街の中心にありとても観光に便利なのでおすすめです。

また翌日は下呂温泉から約1時間車を走らせれば高山観光や郡上八幡観光へ行く事もできます。

下呂ロイヤルホテル雅亭

住所 〒509-2207
   岐阜県下呂市湯之島758-15

☎ 0576-24-1001

最安料金 2名利用時 16,800~29,800円/人 (税込)

アクセス JR下呂駅より徒歩5分(送迎あり)

駐車場 40台(無料)

 

関連記事

 

スポンサーリンク

 

下呂温泉のおすすめ駐車場9選 MAP・リスト

下呂温泉には無料駐車場があるのですが、少し温泉街から離れているので歩くことが苦にならない人や日帰り温泉に入って、うまいもの食べて1日観光するぞ~って人はおすすめです。

2~3時間の観光で高山や郡上八幡など別の観光地に行くという人は温泉街の駐車場に停めた方が観光がはかどります。

有料駐車場も30分100円~60分100円と観光地にしては良心的なので便利なところに停めたいところです。

ただし空いていればの話になるので、希望の駐車場は土日祝は午前中が勝負になるでしょう。

 

参考に料金だけ書きましたが、その他詳細は下記表でご確認ください。

 

下呂温泉有料駐車場

❶市営下呂温泉駐車場:(最初の1時間100円 1時間を超えて30分 100円)

❷市営阿多野駐車場:(最初の1時間無料1時間を超えて30分 100円)

❸中央駐車場(温泉博物館):(8~22時 60分 100円・22~8時 60分 50円)

❹薬師駐車場(クアガーデン):(8~22時 30分 100円・22~8時 30分 50円)

❺下呂温泉栄パーキング:(20分 100円 最大料金1500円)

 

下呂温泉無料駐車場

❻合掌村駐車場:終日無料

❼朝市合掌村駐車場:終日無料

❽雨情公園駐車場:終日無料

❾臨時駐車場(幸の瀬湯けむり広場):終日無料(閑散期は閉鎖の場合あり)

 

スポンサーリンク

 

下呂温泉のおすすめ駐車場の詳細

❶市営下呂温泉駐車場

温泉街にある公営駐車場で、駐車料金の上限があるので下呂温泉観光のメイン駐車場といってもいいでしょう。

国道41号線で中津川方面から来る人は入りやすいのでオススメです!

数年前にも利用しましたが、人気駐車場だけあって土日祝は満車なる事も多いです。

 

今年6月は工事中で使えませんでしたが、下呂市公式観光サイトによると、

閉鎖期間:令和4年5月9日(月曜日)から令和4年9月30日(金曜日)まで

※工事の状況によって変更となる場合がございます。

その間は、❾臨時駐車場(幸の瀬湯けむり広場)が無料開放されており利用できます。

 

市営下呂温泉駐車場
361 509 559*34
住所 〒509-2202
岐阜県下呂市森1126-1
0576-24-2222
駐車料金 最初の1時間100円
1時間を超えて30分毎に100円
最大料金 入庫より24時間まで1,500円
営業時間 24時間
駐車台数 59台
車両制限 普通乗用車のみ
備考  
噴泉池までの距離 約600m

国道41号線の森交差点から側道に入り約400m

 

❷市営阿多野駐車場

国道41号線からは市営下呂温泉駐車場の少し手前にあるので、市営下呂温泉駐車場が満車とわかっていれば迷わずここに停めるのですが・・・

繁忙期でなければ先に市営下呂温泉駐車場の空きがあるかのぞいてみてもいいでしょう。

こちらも駐車料金の上限があるので、1日観光するには適した駐車場になります。

※下呂温泉合掌村までは約800mと温泉街からは一番近い駐車場ですが、ず~っと坂を上らなくてはいけないので下呂温泉合掌村の無料駐車場を使用するのがおすすめです。

 

市営阿多野駐車場
361 509 623*26
住所 〒509-2202
岐阜県下呂市森1148-1
0576-24-2222
駐車料金 最初の1時間100円
1時間を超えて30分毎に100円
営業時間 24時間
駐車台数 39台
最大料金 入庫より24時間まで1,500円
車両制限 普通乗用車のみ
備考 高さ制限2.1m
噴泉池までの距離 約650m

 

❸中央駐車場(温泉博物館)

駐車料金の上限はありませんが公営駐車場より安い設定で有料駐車場では最安値です。

しかも、白鷺の湯・温泉博物館利用者は1時間無料になるので8:00~22:00まで停めても1,300円と激安。

湯の街通りにあり、まさに温泉街の中央というロケーションで観光にたいへん便利ですが、人通りが多いので通行には注意が必要です。

 

人気の下呂プリンの目の前にあり、キャパも大きくないのでいつ見ても満車が多いです。

駐車場横に鷺の足湯があるのでプリンを食べながらどうぞ。

 

近くにはGEROGERO BUTTER STANDもあり、自家製バターの焼きおにぎりが最高です。

店内は驚きのもっとインスタ映えスポットになっています。

 

GEROGERO みるくスタンドも超人気店。おすすめは「も~のロールケーキ」ですが、飲み物をテイクアウトして目の前のビーナスの足湯で一息入れることもできます。

上記3店はGWなど繁忙期は長蛇の列になることも。

 

はなはなも温泉博物館に行きましたが、興味深い展示があり温泉の知識が深まるのでおすすめです。

入館者しか浸かれない温泉博物館の足湯があります。

ここは土日祝は常に満車状態で観光客が多い時間帯にめざす駐車場ではないので、平日に通りかかって空いていればラッキーくらいの考えでいいでしょう。

 

中央駐車場(温泉博物館)
361 509 728*50
住所 〒509-2207
岐阜県下呂市湯之島546-8
0576-25-3400(温泉博物館)
駐車料金 8:00~22:00 60分 100円
22:00~8:00 60分 50円
営業時間 24時間
駐車台数 22台
車両制限 普通乗用車のみ
備考 白鷺の湯・温泉博物館利用者は1時間無料
噴泉池までの距離 約650m

 

❹薬師駐車場(クアガーデン)

30分100円は公営駐車場と同じ設定ですが、上限がないので7時間半までなら公営駐車場と同じ料金です。

クアガーデン露天風呂・食彩房『翔』利用者は1時間無料なので、ドライブの締めに下呂温泉の日帰り温泉に入って何か食べて帰ろうかという人におすすめです。

30分100円で上限がないですが、繁忙期で他がどこも満車という時にのぞいてみてはいかがでしょうか?

 

薬師駐車場(クアガーデン)
361 509 782*43
住所 〒209-2207
岐阜県下呂市湯之島916-11
0576-24-1182(クアガーデン)
駐車料金 8:00~22:00 30分 100円
22:00~8:00 30分 50円
営業時間 24時間
駐車台数 50台
車両制限

普通乗用車のみ

高さ制限:2.1m

備考 クアガーデン露天風呂・食彩房『翔』利用者は1時間無料
噴泉池までの距離 約750m

 

❺下呂温泉栄パーキング

20分100円は下呂温泉最高値の駐車場ですが上限1,500円なのでちょっと安心。

下呂大橋のたもと飛騨川沿いにあるので露天噴泉池は目と鼻の先で、花火の打ち上げ場所からは最も近い駐車場になります。

観光に不便な場所ではないので下呂温泉を遊びつくそうという人にはぴったりの駐車場です。

 

入口は橋を渡ってきた場合はUターンする形で狭い側道に入らなければいけないので要注意です。

下呂大橋左岸はJR下呂駅・下呂温泉最大級の旅館「水明館」さんがある地域ですが、こちらの駐車場は路地裏にあり分かりにくいので穴場かも知れません。

厳密には側道ですのでUターンではありませんが、Uターン禁止の標識もありませんので違反ではないと思われます。

この交差点は信号機がないので周りの車に注意しながら進みましょう。

※右からの車の出具合によっては一度右左折して戻ってきた方が良さそうです。

 

提携のうな昇と冨喜屋さんは西側に隣接、ヤマカワさんは表通りのおおきいな招き猫が目印の下呂温泉では一番大きなお土産屋さんです。

 

下呂温泉栄パーキング
361 509 426*27
住所 〒509-2206
岐阜県下呂市幸田1183
0576-24-2525(ヤマカワ)
駐車料金 20分 100円
最大料金 5時間経過後、24時間以内1,500円
営業時間 24時間
駐車台数 24台
車両制限 普通乗用車のみ
備考 うな昇・富喜屋・ヤマカワ利用者は駐車サービスあり
噴泉池までの距離 約20m

 

❻合掌村駐車場

下呂温泉の24時間開放の無料駐車場です。

遠方からの早朝到着組やバイクも利用可でキャンピングカーの利用制限も書いてないのでOKと思われます。

 

少し歩いても無料駐車場がいい人や、下呂温泉合掌村に行く人はここがおすすめです。

 

合掌村は近いのですが、温泉街までは少し距離があるので小さい子やベビーカーは少し辛いでしょう。

 

合掌村へ行く場合でも、いでゆ朝市は午前中で終わってしまうので通路を通って初めに行きましょう。

 

合掌村駐車場
772 480 702*46
住所 〒509-2202
岐阜県下呂市森2369
0576-25-2239(下呂温泉合掌村)
駐車料金 終日無料
営業時間 24時間
駐車台数 92台
車両制限 バイク駐車可
備考 電気自動車(EV)急速充電器1基あり
500円/回(税別) 
※30分の充電時間で80%程度まで充電できます
※プラグインハイブリット車(PHV)はご利用になれません
公式HP 下呂温泉合掌村
噴泉池までの距離 約1,200m

 

❼朝市合掌村駐車場

下呂温泉の24時間開放の無料駐車場です。

車で午前中に下呂温泉に到着したらちょっと立ち寄ってみましょう。

JR下呂駅からはず~っと上り道で1.4km・徒歩で20分くらいかかります。

いでゆ朝市は例年3~11月の8~12時の開催で冬季はやっていません。

 

駐車場が満車なら上の合掌村駐車場へ。

どちらも無料駐車場ですが、合掌村駐車場の方が広いので初めからそちらに停めてもいいでしょう。

 

知る人ぞ知る「丸中製麺所」さんは創業100年を超える老舗製麺所。

下呂市の学校給食の麺や高山ラーメンで地元にも愛されています。

1袋2食スープ付200円のところ、さすが朝市3袋で500円だったので醤油・味噌・塩の3袋購入。

せっかく車で来てるので、他の店でもいっぱい買い込みましたが荷物にならないのがいいですね。

 

いでゆ朝市駐車所からは近道の通路を通って合掌村へもすぐ行けます(少々上り坂)。

 

朝市合掌村駐車場
772 480 669*67
住所 〒509-2202
岐阜県下呂市森2369
0576-24-1000(下呂温泉観光協会)
駐車料金 終日無料
営業時間 24時間
駐車台数 38台
車両制限 バイク駐車可
備考 朝市は午前中まで
公式HP いでゆ朝市
噴泉池までの距離 約1,100m

 

❽雨情公園駐車場

下呂温泉の24時間開放の無料駐車場です。

雨情公園は七つの子、しゃぼん玉を作詞した野口雨情が、下呂を訪れたときに作った下呂小唄にちなんで名付けられた公園。

阿多野谷の上流に人工の滝があり、川のせせらぎを聞きながらのんびり散歩をしたり、夏には水遊びも楽しむ子供も多いです。

きれいな公衆トイレの反対側にある駐車場は無舗装なので空き地のように見えますが、他の人も利用しやすいように節度ある駐車を心がけましょう。

※基本的には公園利用者の駐車場ですが、下呂市観光課のHPに下呂温泉駐車場として掲載されているので問題ないと思われます。

 

雨情公園駐車場
772 480 692*35
住所 〒509-2202
岐阜県下呂市森2750
0576-24-2222(下呂市役所観光課)
駐車料金 終日無料
営業時間 24時間
駐車台数 15台
車両制限 バイク駐車可
備考 公衆トイレあり
公式HP 湯のまち雨情公園
噴泉池までの距離 約900m

 

❾臨時駐車場(幸の瀬湯けむり広場)

下呂温泉のメイン駐車場の市営下呂温泉駐車場が工事中の時は開放されており花火開催日も無料で利用できました。

ロケーションは河原の噴泉池も近く、下呂大橋を渡ればすぐ温泉街なので大変便利な駐車場です。

しかも無料なのでここが開放されていれば、合掌村の駐車場よりも温泉街に近いので一番おすすめといえます。

また下呂温泉では一番大きなお土産屋のヤマカワさんの隣なので便利なのです。

開放日は下呂市役所 観光課(0576-24-2222)にお問い合わせ下さい。

 

臨時駐車場(幸の瀬湯けむり広場)
361 509 423*84
住所 〒509-2206
岐阜県下呂市幸田1162
0576-24-2222(下呂市役所 観光課)
駐車料金 終日無料
営業時間 24時間
駐車台数 約120台
車両制限 バイクスペース16台可能
備考 未舗装
噴泉池までの距離 約140m

 

関連記事 Amazon Kindle(アマゾンキンドル)の始め方 今なら無料で1ヶ月読み放題

 

 

まとめ:下呂温泉は温泉街の駐車場・宿がおすすめ

下呂温泉観光の駐車場選びで一番のポイントは、少し離れた下呂温泉合掌村やいでゆ朝市に行くかどうかにつきます。

  • 合掌村までは微妙な距離なので歩ける人は、初めから無料の合掌村の駐車場に停めて1日観光してもいい
  • 行かないなら初めから温泉街の上限1,500円の駐車場をチョイスすれば、日帰り温泉巡りをしようが、足湯巡りをしようが、食べ歩きをしようが、花火を見て帰ろうが1日停めっぱなしで大丈夫
  • 宿泊の場合は午後から宿の駐車場を利用できる場合もあるので問い合わせしてみよう
  • 3つの無料駐車場(合掌村駐車場・いでゆ朝市駐車場・雨情公園駐車場)の中では雨情公園駐車場が最も温泉街に近いのででリピーター向け
  • 初めて下呂温泉を訪れ合掌村や朝市を楽しみたいなら合掌村駐車場・いでゆ朝市駐車場で決まり
  • 上記2つの駐車場は通路でつながっているのでどちらに停めてもいいが、午前中は朝市が混み合うので合掌村駐車場が広くて停めやすい
  • 逆に午後からは、いでゆ朝市駐車場の方が少し温泉街に近いのでおすすめ
  • いでゆ朝市は午前中には終わってしまうので11時頃の到着なら合掌村より先に行こう
  • 温泉街からの距離的には臨時駐車場(幸の瀬湯けむり広場)が一番便利だが、いつも開放している訳ではないので確認してから行こう

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。この記事が気に入っていただけましたら、はなはなの励みになりますので、ポチッとシェアしていただけると幸いです。

Multiplex 広告

SNSシェア

シェアしてもらえたら嬉しいです

-岐阜
-,

Copyright© ドライブ旅のみちしるべ , 2022 All Rights Reserved.