鳥取

鳥取砂丘はどに停めたら便利? 行ってわかったオススメ駐車場6選をシェア

更新日:

 

日本一の「スナバ」鳥取砂丘にマイカーで行ってきました。

観光客用に有料・無料駐車場がいくつもあり土日祝でもキャパは十分なのですが、その分広いので初めていく人は何処に停めたらいいのか迷ってしまうかも知れません。

はなはなも砂丘散策・砂の美術館・砂丘展望台など回ってみて、観光の仕方によって使い分けたほうが良いこともわかりましたが、1ヶ所に停めても回りやすい場所があることもわかりました。

この記事では駐車場別のポイントやメリット・デメリットの他、それぞれ観光施設の回り方についてまとめてみました。

例により撮って来た写真で現地レポしますので、皆さまの旅に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

鳥取砂丘のアクセス

鳥取砂丘ビジターセンター

 125 733 831*70

住所 〒689-0105

鳥取県鳥取市福部町湯山2164-971

電話 0857-22-0021

営業時間 9:00~17:00

鳥取ICより約20分・10.7km

ゴールデンウィーク・お盆・シルバーウィークなどの繁忙期は、午前中から渋滞が始まり鳥取ICから現地まで40~50分かかることがありますので早めの到着が望ましいです。

  • 大阪吹田ICから約2時間30分(中国道→鳥取道→鳥取IC)
  • 岡山ICから約2時間30分(山陽道→岡山道→中国道→鳥取道→鳥取IC)
  • 広島ICから約4時間15分(山陽道→岡山道→中国道→鳥取道→鳥取IC)
  • 名古屋西ICから4約時間30分(西名阪→新名神→名神→中国道→鳥取道→鳥取IC)

 

スポンサーリンク

 

鳥取砂丘の駐車場マップ

①鳥取砂丘駐車場(1日500円)

②砂丘会館駐車場(無料)

③らくだや駐車場(無料)

④鳥取砂丘センター駐車場(無料)

⑤鳥取市営無料駐車場(無料)

➅砂の美術館駐車場(無料)

鳥取砂丘を散策するなら上記6ヶ所を押さえておけば大丈夫です。

どこもに停めても砂丘へは数分歩けば行けるので近いのですが、一番近い①鳥取砂駐車場は有料、➅砂の美術館駐車場は美術館専用駐車場なので注意が必要です。

それぞれメリット・デメリットがありますので順番に見ていきましょう。

※情報(駐車時間・料金)が変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

スポンサーリンク

 

鳥取砂丘のオススメ駐車場6選

①鳥取砂丘駐車場(有料)

鳥取砂丘駐車場
125 733 832*65
住所

電話

〒689-0105
鳥取県鳥取市福部町湯山2164-9710587-23-7652
営業時間 24時間
駐車台数 約300台
駐車料金 乗用車  500円
マイクロ 1,000円
大型   2,000円
二輪車  200円※トイレあり
備考 鳥取砂丘ビジターセンターには専用駐車場がない

足が砂まみれになったときに足を洗うスペースあり

砂の美術館まで500m

公式HP:鳥取砂丘ビジターセンター

メリット

  • 唯一砂丘側にある駐車場。とにかく鳥取砂丘に一番近いが有料
  • 24時間入出庫可能で早朝・営業時間後は無料
  • 無料貸し出しサンダルあり
  • 足を洗ったり靴に入った砂を取るスペースがある(ここの駐車場に停めなくても利用できる)
  • 施設内は鳥取砂丘の事がよくわかる無料の展示・体験施設があるので立ち寄りたい(入館無料・営業時間 9:00~17:00)
  • 鳥取砂丘周辺で最も大きい駐車場なので、ゴールデンウィーク・お盆・シルバーウィークなど混雑が予想される期間は一番に目指すのもあり

デメリット

  • 鳥取砂丘の広報施設なので、お土産・レストラン・スイーツ売り場は無く他のお店4へ行く必要がある
  • 鳥取砂丘で唯一の有料駐車場なので他が満車でなければ停めなくても大丈夫
  • 砂の美術館へは一番遠い駐車場

 

②砂丘会館駐車場(無料)

砂丘会館駐車場
125 733 713*53
住所

電話

〒689-0105
鳥取県鳥取市福部町湯山21640857-22-6835
営業時間 8:30~17:00
駐車台数 乗用車150台 大型バス30台

※トイレあり

駐車料金 無料
備考 お土産・レストラン・カフェ・スイーツ

建物の裏側に駐車スペースあり

砂の美術館まで500m

公式HP:砂丘会館

メリット

  • ①鳥取砂丘駐車場の道路を挟んだ反対側で砂丘には近い
  • 食事・限定スイーツなどメニューは豊富で海のものも楽しめる
  • 砂丘から一番近いソフトクリームが食べられる場所
  • 1回100円(3分間)で使えるコインシャワー有り ※冬季休止

デメリット

  • 大型の観光バスが入るドライブイン的なスポットなので観光バスが多い時は人で混み合うことも

 

③らくだや駐車場(無料)

らくだや駐車場
125 733 713*53
住所

電話

〒689-0105
鳥取県鳥取市福部町湯山2164-8060857-23-1735
営業時間 8:30~17:00

(土・日・祝は延長営業)

駐車台数 約70台 マイクロバスOK

※トイレあり

駐車料金 無料
備考 らくだライド体験・写真撮影は砂丘で受付

建物の裏側に駐車スペースあり

砂の美術館まで400m

公式HP:らくだや

メリット

  • 鳥取砂丘でらくだを持っているお店はここだけ
  • らくだやオリジナルの限定グッズ・お土産・スイーツあり
  • お土産屋さんのみで食事・レストランは無い
  • 天候やらくだの体調によってらくだライドが中止になる場合も
  • ここの駐車場に停めなくても砂丘現地でらくだライドは申し込める

デメリット

  • お土産とスイーツのみで食事はできない

 

④鳥取砂丘センター駐車場(無料)

鳥取砂丘センター駐車場
125 734 510*44
住所

電話

〒689-0105
鳥取県鳥取市福部町湯山20830857-22-2111
営業時間 24時間
駐車台数 乗用車200台 バス20台 バイク可

※トイレあり

駐車料金 無料
備考 展望台・お土産・レストラン・カフェ・スイーツ

砂の美術館サブゲートまで100m

鳥取砂丘へはリフトで5分

リフト料金(9:00~16:30)
大人 往復300円 片道200円
子供 往復200円 片道150円

※チケットは砂丘センターの自販機で購入

公式HP:砂丘センター見晴らしの丘

メリット

  • 建物が新しくきれい
  • お土産・レストラン・スイーツのメニューが豊富
  • 砂の美術館のサブゲートに近い
  • リフトに乗らなくても200mほど歩けば砂丘の端に出れる

デメリット

  • リフトを利用しすれば5分でに砂丘に出れるが有料
  • リフトを利用しないとビジターセンターまでは600mほど歩く
  • リフトは高いところを通っている訳ではないので景色は良くない
  • 丘の上にあるが展望台からの景色は砂丘前の木で良くない

 

⑤鳥取市営無料駐車場(無料)

鳥取市営無料駐車場
125 733 448*33
住所 〒689-0105
鳥取県鳥取市福部町湯山2083
営業時間 8:30~20:30
駐車台数 乗用車250台 バス7台 ※バイク不可
駐車料金 無料
備考 ゲート式ですが無料(高さ制限なし)

砂の美術館サブゲートまで100m

鳥取砂丘へはリフトで5分

メリット

  • ④鳥取砂丘センターの目の前にあるので満車の場合はこちらに停めよう
  • ④鳥取砂丘センターと同じ

デメリット

  • 奥のほうに停めると遠い
  • ④鳥取砂丘センターと同じ

 

➅砂の美術館駐車場(無料)

砂の美術館駐車場
125 733 383*44
住所

電話

〒689-0105
鳥取県鳥取市福部町湯山2083-170857-20-2231
営業時間 美術館の営業時間に準ずる
駐車台数 30台(美術館利用者専用)
駐車料金 無料
備考 2020年7月11日(土)~2021年1月3日(日)

※今後の状況を踏まえ、開館再延期、一時休館、会期延長等の可能性あり

平日・日曜
9:00~16:00(最終入館15:30)
土曜日
9:00~18:00(最終入館17:30)

公式HP:砂の美術館

メリット

  • 砂の美術館メインなら一番にここを目指そう
  • 屋外展示がある展望台からの景色はなかなか良い

デメリット

  • 美術館専用の駐車場なのでここに停めて他には移動できない
  • キャパが小さいのですぐ満車になる。土日祝は午前中には満車になることも
  • 何度も車を移動したくない人は初めから駐車場の選択肢から外そう

 

スポンサーリンク

 

結局オススメ駐車場は?

大きく分けて砂丘メインに考えるなら砂丘側にある①鳥取砂丘駐車場・②砂丘会館駐車場・③らくだや駐車場で、砂の美術館メインに考えるなら➅砂の美術館駐車場と丘の上にある④鳥取砂丘センター駐車場・⑤鳥取市営無料駐車場になります。

各自のアクセス方法・観光時間・立ち寄り先などでチョイスすればいいと思いますが、無料にこだわるなら砂丘に一番近い①鳥取砂丘駐車場はパスです。

らくだやさんの駐車場に停めなければらくだライドを楽しめないわけではないので、どこの駐車場に停めても砂丘現地で料金を払えばラクダに乗ったり一緒に写真を撮ったり出来ます。

初めて訪れる人は砂の美術館は必須なので、一番駐車場のキャパの小さいここをどうするのか?悩みどころではあります。

ビジターセンター・砂丘会館から砂の美術館までは500m・らくだやさんからは400mなので苦になる距離ではありませんので歩くのもありです。

砂丘を歩いた後、車で砂の美術館の駐車場に移動してもし満車なら④鳥取砂丘センターか⑤の鳥取市営駐車場に移動すれば大丈夫ですが、繁忙期は満車の場合もありますので駐車場の移動は平日か繁忙期でない時期に限られます。

初めに丘の上の④鳥取砂丘センター駐車場・⑤鳥取市営無料駐車場に停めてここからなら砂の美術館は歩いてすぐなので、砂丘の往復にリフトを使う手も考えられます。

大人2人なら往復600円なので①鳥取砂丘駐車場代の500円と思えば楽しめていいと思いますが、大人数の場合はリフトに乗ってもお金がかかるのでその点は気になるところです。

 

スポンサーリンク

鳥取砂丘駐車場まとめ

鳥取砂丘駐車場のご案内はいかがでしたでしょうか?

初めて鳥取砂丘を訪れる人が絶対行ったほうがいいスポットは以下の3つです。

  1. 鳥取砂丘の一番高くなった馬の背と呼ばれるところまで歩いていく
  2. ビジターセンター内にある砂丘のことがよく分かる展示・体験施設
  3. 砂の美術館

リフト代を気にしない人数なら、初めに④鳥取砂丘センター駐車場・⑤鳥取市営無料駐車場に停めて、リフトで砂丘・ビジターセンターを回ってリフトで戻って砂の美術館のサブゲートから入るがベストです。

リフトに乗らないなら素直に砂丘側の②砂丘会館駐車場③らくだや駐車場に停めて、徒歩で砂の美術館へ行くか空いているようであれば車で砂の美術館に移動します。

※砂丘会館・らくだやさんの駐車場は無料なのでお土産を買うか・ソフトクリームなどでお金を使うのが望ましいです。

見晴らしの丘の展望台は砂丘方面が草木が生い茂り思ったほど景色がよくありません。

そこよりも砂の美術館の屋外展示施設にある展望台からの方が見晴らしが良かったです。

いずれにしろゴールデンウィーク・お盆・シルバーウィークなどの混雑が予想される時期は、砂丘手前から渋滞が始まり駐車場を選んでいる場合ではありませんので午前早めの到着が望ましいです。

はなはなは土曜日の朝9:10頃の到着で駐車場はどこも空いていて、砂丘に一番近いビジターセンターに停めて砂丘を歩いた後、ビジターセンターで砂紋のでき方を見て、砂の美術館・砂丘センター見晴らしの丘とそれぞれ車を移動して回り歩く距離を減らしました。

はなはなは駐車料金は500円払いましたが、はじめにらくだやさんや砂丘会館に停めれば歩く距離もそんなに変わらず無料だったのでそちらの方が良かったと思います。

ちなみに滞在時間は約3時間ほどで楽しめました。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。この記事が気に入っていただけましたら、はなはなの励みになりますので、ポチッとシェアしていただけると幸いです。

 

おすすめ記事

 

おすすめ記事

SNSシェア

If you like, please share

-鳥取
-,

Copyright© ドライブ旅のみちしるべ , 2020 All Rights Reserved.