旅行記

神戸ルミナリエ 神戸中華街 行列の並び方や混雑具合 駐車場などまとめてみた

更新日:

神戸ルミナリエに行って来ました。ピーク時には来場者数500万人を越えていましたが、期間の短縮もあり現在は340万人程度で推移しています。

訪れたのは二年前の事になりますが、近年の来場者数も横ばいで開催場所も変わっていない事から混雑状況は毎年同じような感じであると思われます。

行ってみて解った観覧方法や状況をご案内します。アクセス、駐車場情報、観光案内、混雑状況など現地で撮って来た写真でシェアしますので、少しでも皆さまの旅のお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

 
 

神戸ルミナリエについて

神戸ルミナリエは1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災後の阪神地区にて「復興神戸に明かりを灯そう」という意図で1995年に始まりました。メイン会場は、旧居留地内の仲町通り、および東遊園地です。

ガレリア」と呼ばれるアーチ状の電飾回廊が有名でその感動は通り抜けた人にしか味わう事が出来ないでしょう。

作品に使用する電球数は約30万個で、2015年からは全てLED電球を使用しています。

今でさえ年末の風物詩として定着している感のある神戸ルミナリエですが、当初の会期は2週間でありました。

資金難による経費節減の影響で、2007年から12日間、2015年には10日間に短縮されています。近年開催が危ぶまれている中、初開催から23回目となる今年2017年も開催が決定されました。

来場者もルミナリエを見に来ただけで終わってしまう為、近隣企業のクリスマス商戦にも影響があるとの事で2005年以降はクリスマス期間の前に開催されています。

しかしながら今年は主催者発表で「本年は神戸開港150年、来年が兵庫県政150周年であることから、今回は特に作品の充実を図り、大きな節目となる年にふさわしい作品を設置します」との事で、

LEDの数もも30万個から40万個にアップして例年以上の盛り上がりを見せるのは間違いないでしょう。

まだ一度も行かれてない人は今年はぜひ訪れて見てください。ただし混雑必至ですよ。

 

アクセスと所要時間

阪神高速3号線京橋I.Cより650m。現地までは近いですが、ホコ天など通行規制により近づけませんので離れた場所の駐車場に止めましょう。

 

スポンサーリンク

 

 
 

駐車場情報と混雑状況

デビスパーキング海岸通メリケンパーク駐車場は中華街に立ち寄るならオススメ。

サニープレイス神戸三宮駐車場4は東遊園地には近いですが行列にならぶJR元町駅には遠いです。

Umieモザイク辺りなら大型駐車場が集まっているので必ず停める事が出来ます。夕方まで時間をつぶせるのでオススメですが会場までは少し距離があります。

赤マーカークリックで詳細がでます。

 

利用情報

2017年の開催日程及び開催時間

12月8日(金)から12月17日(日)の10日間

月〜木曜日 18:00頃~21:30
金曜    18:00頃~22:00
土曜    17:00頃~22:00
日曜    17:00頃~21:30

利用料金

基本は無料で楽しめます。

光の回廊に行く途中の道に数か所寄付をする場所が作ってあります。一人100円以上なので寄付はしたいところですね。

素通りする方も見えますが、恐らく別の場所で寄付していると思われます。今年ルミナリエが見れるのは去年寄付した人のおかげと考えれば、来年資金難で中止にしない為にも寄付は是非行いたいですね。

こんなきれいなイルミネーションが100円で見れると思えば安いもんです。

 

混雑状況

10日間で300万人以上の来場者が訪れていますので、一日30万人以上という人気のイベントです。

ガレリアを通り抜けるなら会場までの長い行列に並ぶ必要があります。道路がホコ天になっており、割り込み出来ないように仕切りがしてあります。柵があるため一度並ぶと簡単に出入りが出来ません。

私達も小一時間並びましたが、テーマパークの人気アトラクションでも1時間待ちなんてざらですから・・・。

 

スポンサーリンク

 

 
 

みちしるべ

ルミナス神戸2に乗船しましたので、神戸メリケンパークオリエンタルホテルから会場まで歩いていきます。

ルミナリエ会場までは少し歩きますが車の出し入れも面倒だし、中華街にも立ち寄りたかったので散策します。まあどうせ近くには車は止めれないし道路も混雑しているので徒歩が一番です。

 

アクアホール」オリエンタルホテルのチャペルです。

 

神戸ポートタワー」 中突堤の付け根にあります。昼間ですが、以前登った事があります。ランドマークなので時間があれば神戸観光の記念にどうですか?

 

ホテルオークラ」「カワサキワールド」 今年は「メリケンパーク」が熱いです。ニューヨーク・ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリーよりも大きな全長30mの世界一の高さのクルスマスツリーが登場します。

なんと富山から生木[あすなろの木]を大型船と特殊車両で運び込んだそうです。会期は12月2日~26日との事なので、どんなイルミネーションが施されるのか今から楽しみです。場所も近いのでルミナリエと合わせて観光したいですね。

 

神戸中華街

西安門」神戸中華街の西側の入口です。

 

南京町広場」中華街の中心にある広場。横浜中華街、長崎新地中華街とともに日本三大チャイナタウンの一つに数えられる「南京町」ですが横浜と比べるとコンパクトで東西200m、南北100mの範囲に100店舗ほどがひしめき合っています。

 

長安門」一番東側にある門。もう一つ南側に「南楼門」があります。

各店舗の外には決まって出店や屋台があり、前を通ると必ず声をかけられ活気があります。

おいしそうな物がいっぱいで、いろいろつまんで食べ歩きにはぴったりの町です。中華街を堪能したらルミナリエを見に行きましょう。

 

JR元町駅から

JR元町駅まで歩いてきました。もっと近くから行列に並ぶ事ができるかな?と思ったのですが、さすが土曜日だけあって行列の最後尾を探してここまで来ました。

 

ルミナリエ入口のプラカードを持った人がいます。ここから列に加わります。残念ながらDJしないポリスさんでした。

 

こんな感じでぞろぞろとホコ天になった道路をゆっくり進んで行きます。白い柵があるので割り込み出来ませんよ。

 

途中のイルミネーションもきれいですよ。

 

なにやら変わった建物が見えて来ました。

 

こんな建物が普通に建ってるおしゃれな街、さすが神戸ですね。調べてみたら教会でした。

 

仲町通りの作品

フロントーネ

そうこうしている間に「フロントーネ」に到着です。かれこれ小一時間並んだので感無量です。ゆっくりですが列が進みますの写真撮影は手振れしないようにしっかり支えるテクニックがいります。

ゆっくり写真を撮りたいなら道路の右か左の端にに移動しましょう。真ん中は常に人の流れがあるので止まれません。フロントーネはルミナリエの入口にあたる部分で毎年形が変わります。

 

ガレリアコペルタ

2015年から全ての電飾がLEDになりました。芸術的な色使いのイルミネーションがルミナリエの特徴です。

以前の白熱電球の温暖色のぼんやりした感じからLEDならではのシャープな感じがしませんか? この年から電飾の屋根が付きました。

 

ガレリア

ガレリアコペルタから続く光の回廊「ガレリア」一定の距離で並んでいる訳ではなく、美しい回廊に見えるように一つ一つの距離が微妙に変えられているそうです。

 

ガレリアは東遊園地まで続きます。

 

東遊園地の作品

スパッリエーラ

光の壁掛け

 

カッサ・アルモニカ

光の聖堂

 

他のイルミネーション

 

暖かい食べ物、飲み物がいただけます。

 

噴水広場の作品

噴水の池に映ったシンメトリーなイルミネーション。ここのイルミネーションは音楽に合わせて光ります。

神戸ルミナリエはいかがでしたか?どこを切り取ってもインスタ映え間違いなしですよ。

現地に行って気になった事をまとめてみましたので見て行って下さい。最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 
 

まとめ

  • 「ガレリア」光の回路は一番人気で列に並ばないと通り抜け出来ません。当然割り込み出来ないように柵がずっと作ってありますので、一度並んだらトイレに行くにも警備員に理由を言って柵を開けてもらわないと行けません。トイレは先に済ましておきましょう。
  • JR元町駅からのルートですが、駅方面から来ない方は大丸神戸店を目指してください。この辺りまで来ると列の最後尾がわかるはずです。混雑具合にもよりますが列の長さが1km~1.5kmと適時調節されますので必ずこのルートとは限りません。
  • 日銀神戸支店からフロントーネが設置してあります。点灯の瞬間を見たい人以外は早く来る必要はありません。出来れば遅めの方が比較的空いてます。
  • フロントーネ、ガレリアの列は時間がかかるからパスという方は、東遊園地、噴水公園へ直接行けばイルミネーションは楽しめます。その場合ガレリアは一方通行の為、逆側から見るだけで通り抜けは出来ません。どうしてもフロントーネが見たい方は、終了間際なら列もなくなっていて並ばずに見る事ができるかもしれません。

JR元町駅からフロントーネまでの基本ルート

 

おすすめ記事

 

おすすめ記事

SNSシェア

If you like, please share

-旅行記
-,

Copyright© ドライブ旅のみちしるべ , 2019 All Rights Reserved.