旅行記

新倉山浅間公園に行くなら富士山の残雪と桜がコラボする4月が絶景を見るチャンス

更新日:


以前から新倉山浅間公園(あらくらやませんげんこうえん)の「桜まつり」に行きたいな~と思っていました。

その年はカレンダーと開花情報をにらめっこしていたところ、ちょうど満開が土日にはまりそうだったのでこれは行くしかないだろうと車で向かいます。

下調べでは会場付近に小さい駐車場が何ヶ所か作ってありますが、そういう場所はすぐ満車になるのであえて空きを探すことはせず、王道の臨時駐車場に止めてシャトルバスをチョイス。

早朝には到着したつもりでしたが、なんと臨時駐車場もぎりぎりセーフの混雑の中どんな状況だったのか?公園内の景色も合わせてご案内します。

アクセス、駐車場情報、施設案内、混雑状況など現地で撮って来た写真でシェアしますので、少しでも皆さまの旅のお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

 

 

新倉山浅間公園について

新倉山浅間公園は富士山の北側、山梨県富士吉田市にあります。

標高も高く富士吉田市内と霊峰富士を一望でき、以前から地元の人気公園ではありました。

数年前は全国や海外にその名は広がっていなかったのですが、「桜」・「富士山」・「五重塔」という日本を代表する風景が一枚の写真に収められ、その素晴らしいフォトグラフはあっという間にSNSで拡散される事となります。

ミシュラン観光ガイドブックの表紙になったり、海外エアラインの機内誌で話題になったり、国内のみならず海外からも観光客が押し寄せるなどしてあっと言う間に富士吉田市を代表する観光地になります。

今ではかなり有名になってしまったこの風景ですが、私も数年前インターネットで見た時は合成写真かと思いました。

 

公園内650本余りのソメイヨシノが咲き始める頃から毎年桜まつりが開催されており、全国から観光客が押し寄せます。

また、この時期は山肌に残雪があり一番富士山らしい綺麗な姿が拝めます。ですので行くなら4月一択しかないと思います。

もちろん満開を狙うなら一週間程度しか期間はありませんので、その中で天気のいい日がないと富士山が見えません。

地元の方に聞くと天気が良くても雲に隠れて富士山が見えない事はよくあるらしく、まさに運がないと絶景は拝めないわけです。

みなさんにもぜひこの絶景を見て欲しいです。

 

スポンサーリンク

 

新倉山浅間公園のアクセスと所要時間

関西方面から

東名高速道路御殿場I.C、国道138号線、東富士五湖道路(1060円)経由

所要時間:33.9km 43分

 

中央自動車道一宮御坂I.C、国道137号線経由

所要時間:24.2km 29分

 

関東方面から

中央自動車道河口湖I.C、国道139号線経由

所要時間:4.4km 9分

 

新倉山浅間公園の駐車場情報と混雑状況

会場近くは、道幅も狭く近隣住民の方の生活道路でもありますので近寄らない方がいいでしょう

また一番会場に近い浅間公園駐車場は、駐車台数が100台もありますがイベント期間の土日は、お土産店・飲食関係の出店とイベント関係者専用となっていますので駐車できません。

他に10台~20台の小さい駐車場が何か所かありますが、おそらくここは朝の8:00には一杯になっているでしょう。

じゃ何処に駐車するの?という話ですがちゃんとあります。なんと小学校のグランドを臨時駐車場にして駐車台数600台、会場までは徒歩15分ですが・・・安心して下さいシャトルバスが無料でさくらマルシェ会場までピストン輸送してくれます。

他の臨時駐車場に駐車してもイベント期間中は1,000円の駐車料金が掛かりますのでここ一択でしょう。

到着したのは7:00頃だったのですが、それでも駐車場の半分以上は埋まってました。

シャトルバスもすでに運航しており、次々にピストン輸送してくれますので、一台待ちで次のバスで乗れました。

ナビで行かれる方は下吉田第二小学校を目的地にセットして下さい。

MAPのピンをクリックすると情報が出ます。

 

スポンサーリンク

 

桜まつり利用情報

住所
山梨県富士吉田市浅間2-3353

会場
新倉山浅間公園

桜まつり・さくらマルシェ会場(期間中の土日)
入場無料
※開催期間中には地元グルメの飲食ブース、イベント等

日程
2019年4月上旬~中旬
10:00~16:30(飲食ブースは17:00まで)

駐車料金
各駐車場・臨時駐車場
一回1,000円

 

スポンサーリンク

 

みちしるべ

新倉山浅間公園

下吉田第二小学校からシャトルバスに揺られる事10分もかからずに浅間公園駐車場に到着です。

この駐車場は桜まつりのイベント会場として使われています。両側にはソフトクリーム、フランクフルト、焼きそば等の飲食系と手作り雑貨等のお土産屋さんなどが店を連ねていました。

そこを抜けると公園に行く石段になります。約200m、397段を登らないと絶景は拝めません。

 

一応、車でも上がれるようですがとても車がすれ違える道ではありませんし、

たとえ上がっても1、2台のスペースしかありませんので、車が停まっていれば場所がありません。道幅が狭く公園管理用の道といった感じです。

高齢者で徒歩で上がるのが困難な方がいれば車で上がるのもありでしょう。(桜まつり期間中は車両通行止めです)

 

忠霊塔

 

がんばって階段を登ると忠霊塔が見えて来ます。1962年に設置された高さ19.5メートルもある戦没者慰霊塔です。

この五重塔が京都らしさを醸し出しております。

 

この風景がが撮影出来るポイントは、皆さんが立っている所で公園隣の私有地だそうです。

私有地はもとは崖で観光客が押し寄せる危険な状態になったた為、富士吉田市が整備して安全に撮影が出来る様に柵を作りました。

 

上段、中断、下段と三段階で撮影が出来ます。人混みで撮影出来ないと言う事はないですし、三脚を立てている方も見えました。

土地の所有者がいい人で、ここは官民でうまくいった例ではないでしょうか?。富士吉田市に「いいね」をあげましょう。

 

撮影スポット

桜、富士山、五重塔という絶好のロケーションです。こんな風景が一枚の写真に収める事が出来るのはここしかありません。

階段状に整備されており三脚OKのようです。目の前に五重塔がありこんな高さから五重塔を見る機会もあまりないでしょう。

自分で移動して高さや、富士山と桜の位置関係を調整して好きなだけ撮影しましょう。私が行ったのは早朝でまだ人が少なかった事もあり好きなだけ移動させていただきました。お勧めは一番上の段です。

いい天気なのですが雲がかかってきて、地元の方っぽい方が「あと1時間はダメだな」と話してる声が聞こえてきたのです。

次の予定がありそんなに待てないので、後は写真家の方々にまかせて私たちはこれにてタイムオーバーです。

 

 

桜まつり期間の主催者からお願い

会場付近では路上駐車が多発しております。警察の取締やレッカー移動も行いますので路上駐車はおやめ下さい。

シャトルバスへのペットの連れ込みはできません。

公園内や私有地等へゴミを捨てないで下さい

 

とにかくいい天気で桜が満開なのがよかったです。こればっかりは運が必要ですね。

 

新倉富士浅間神社

帰りに坂の下にある新倉富士浅間神社に参拝をしました。参道も桜が満開です。

 

まだ8:30、残念ながら社務所は開いてませんので御朱印は次回ですね。

桜祭り期間中は神社の駐車場は使用できません。また駐車場への道、お社と忠霊塔への道が車両通行止めとなりますのでご注意ください。

 

観光スポット

私が行って楽しめた観光スポットをご紹介します。

河口湖畔にありここから5km、車で15分程度の場所にあります。

関連記事 タイタニック号に積まれる予定だった自動演奏機は必見「河口湖オルゴールの森美術館は家族でもカップルでも楽しめる エンターテインメント美術館」をどうぞ。

 

西湖の近くにありここから15km、車で26分程度の場所にあります。

関連記事 江戸時代の冷蔵庫「富士山が造った天然記念物の洞窟 青木ヶ原樹海にある鳴沢氷穴に潜入して涼んできた」をどうぞ。

 

関連記事 真夏でも涼しい「富士山が作った天然記念物の洞窟 青木ヶ原樹海の奥にある富岳(ふがく)風穴でひんやりしてきた」をどうぞ。

 

スポンサーリンク

まとめ

新倉山浅間公園のご案内はいかがでしたでしょうか? 機会があれば御朱印拝受もかねてもう一度訪れたいですね。最後に現地に行って気になった事をまとめてみました。

  • 近くの駐車場を探し回るよりシャトルバスを利用した方が楽です。
  • シャトルバスはペットを連れての乗車はできません。
  • 公園近くは民家が多く道幅が狭いので近寄らない方がいい。
  • 何処もそうですが、朝早い方が空いてていい。
  • 観光時間は1時間みておけば十分です。
  • 帰りのシャトルバスは時間によっては何台か待つことも想定しておこう。
  • 富士山は晴れていても雲がかかって見えない事もあります。残念ながら自然には勝てません。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。この記事が気に入っていただけましたら、はなはなの励みになりますので、ポチッとシェアしていただけると幸いです。

おすすめ記事

 

おすすめ記事

SNSシェア

If you like, please share

-旅行記
-

Copyright© ドライブ旅のみちしるべ , 2019 All Rights Reserved.