古宇利島

旅行記

沖縄観光おすすめ古宇利島 アクセス・見どころ・恋島とは?

更新日:

 

沖縄観光の定番「美ら海水族館」は那覇空港からのシャトルバスでも行けますが、車社会の沖縄ではレンタカーでしか行けない場所も数多くあります。

その中でもおすすめは橋の架かっている沖縄の離島で、真っ白な砂浜に遠浅の透明度抜群の海が広がるエメラルドビーチを楽しむ事ができます。

今回はその離島の1つ、今帰仁村(なきじんそん)にある古宇利島をご案内します。

はなはなも沖縄へ行くとヘビーローテーションで行ってしまう古宇利島の魅力にとりつかれた一人なのです。

古宇利大橋が完成してから車で簡単にアクセスでき便利になったのですが、初めていく人はどうやって回ったらいいか不安な面もあると思います。

この記事では、レンタカーで古宇利島を観光してきたはなはなが以下の内容でまとめています。

  • 古宇利島はどんな島?何ができるの?
  • 古宇利島のアクセスは?空港からどれくらい?
  • 古宇利島で人気のハートロックってどんなとこ?
  • 古宇利島は恋島?おすすめビーチ、観光スポットは?
  • 古宇利島の観光時間はどれくらい?
  • 古宇利島とセットで回りたい観光スポットは?

これで安心、撮ってきた写真でシェアしますので沖縄観光のスケジュールにお役立ていただければ幸いです。

スポンサーリンク

 

 

古宇利島はどんな島?何ができるの?

古宇利島(こうりじま)は、沖縄県北部、国頭郡(くにがみぐん)今帰仁村(なきじんそん)にある1周8kmの小さな離島になります。

車で回れば10分程度で一周できますが、さとうきび畑が広がる風景からの真っ白な美しいビーチ・エメラルドグリーンの遠浅の海、沖縄でも屈指の離島といえるでしょう。

2005年に完成した古宇利大橋により車でのアクセスが可能になり、美ら海水族館から車で約30分というロケーションや2013年に古宇利オーシャンタワーの完成もあり沖縄では外せない観光地になります。

特に人気に火が付いたのは2014年嵐が出演したJALの先得CMで、ハートロックを一目見ようと住民350人の島に年間80万人が押し寄せたからたまったもんではありません。

現在はティーヌ浜のハートロック人気も一段落しましたが、絶景古宇利大橋・海水浴・シュノーケリング・ダイビング・プライベートビーチなど若者やカップルに人気の島になっています。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

古宇利島ダイビング(@kourijima.diving)がシェアした投稿

手つかずの美しい自然をおもいきり楽しむなら宿泊もおすすめ。

満点の星空はまさにプライスレス。一生の思い出になること間違いないでしょう。

はなはな一押しの古宇利島は沖縄観光でぜひ立ち寄って頂きたいスポットなのです。

 

スポンサーリンク

 

古宇利島のアクセスは?空港からどれくらい?

着工から20年沖縄県民の悲願だった名護東道路(無料)6.8kmが2021年7月開通し北部観光への時間短縮が可能になりました。

ほとんどがトンネル部分で混雑する名護市の街中を走る必要がなくなるためノンストップで古宇利島方面へ抜けれれます。

現在は沖縄道とは接続されていないので一度終点の許田で降りることになりますが、北部観光の玄関口である道の駅許田には絶対立ち寄りたいのでそれはそれでよしとしましょう。

 

那覇空港付近のレンタカー会社より

那覇空港付近にあるいくつものレンタカー会社を選ぶのに迷ってしまいますが、値段は高いけど安心だからと大手を選ぶ人も多いでしょう。

スカイレンタカーさんは空港近くにあり値段もお手頃で、車も新しいのでよく利用させてもらいます。営業所が交通量の多い国道331号線にあるので平日の夕方は渋滞に合ったこともありますが

レンタカーの保険を含めたサービスはどこも変わらないし、車の新しさは混み具合や運もあるので、やっぱり値段と営業所の場所かな?と思っています。

 

あまり安すぎるのも考え物ですが、最低でも那覇空港のレンタカー送迎バス乗り場に名前があるレンタカー会社なら空港を出てからどこへ並べばいいかすぐわかります。

また那覇空港からあまりに営業所が離れていると、行き帰りの送迎時間がもったいないです。

はなちゃん
レンタカーは事前にネット予約がお得だよ

はなはながいつも使ってる「たびらいレンタカー予約」というサイトもおすすめします。

「出発日時、返却日時、出発場所、返却場所、クルマの特徴」を入力するだけで最安値のレンタカー比較・検索できる。

スマートホンでラインやアプリからでも手軽に見つけられ、キャンセルは7日前まで無料なので予定が変わっても大丈夫。

 

沖縄自動車道・那覇空港自動車道

那覇空港から一番近いインターチェンジの豊見城・名嘉地ICから西原JCTの約20kmの区間は那覇空港自動車道無料区間なので北部観光へ向かう際は積極的に利用しよう。

 

西原JCTから沖縄自動車道へ合流し終点の許田ICまで走り、一度高速道路を降りて名護東道路へ入る。

※那覇空港自動車道⇔那覇ICへはアクセスできず、あくまで北部方面のみ通行できる。

距離:所要時間

距離:所要時間=91.3km:1時間30分

高速料金

沖縄自動車道の有料区間は那覇ICから終点許田ICまでで普通車で1,610円。

 

高速道路の注意点

沖縄自動車道は那覇ICから許田ICまでですが、那覇空港とは直結していません。

那覇空港から那覇ICへは市内中心部を走り一年を通して混雑・渋滞しているので距離的には近いのですがおすすめしません。

那覇空港から沖縄自動車道は豊見城・名嘉地ICから入るのがおすすめです。

対面通行の那覇空港自動車道は最高速度60キロ、沖縄自動車道は最高速度80キロ、覆面パトカーも多いので楽しい旅行にする為にも制限速度は必ず守りましょう。

沖縄自動車道は2022年3月末まで全区間、全車種を対象に約35%の特別割引を実施中。

現在、那覇―許田間は1610円(普通車)のところ、1040円です。

 

SA・PA情報

沖縄自動車道にはパーキングエリアとサービスエリアが上下線とも各1ヶ所づつあります。

  • 伊芸SAの上り線は海を臨む展望台で一息つこう。
  • 中城PAの上り線にある味千ラーメンは熊本の本格豚骨ラーメンが食べられる。

 

伊芸SA(上り線・下り線)

場所:金武ICと屋嘉ICの間

売店:9:00~20:00

レストラン:9:00~20:00

その他:金武湾(太平洋)を眺望できる小高い丘に立地し店内全席オーシャンビュー(上り線)

 

中城PA(上り線・下り線)

場所:西原ICと北中城ICの間

営業時間:8:00~20:00

フードコート:8:00~20:00

その他:日本最南端のパーキングエリアで、中城PA上り線の建物の横には「日本最南端の碑」がある

 

道の駅 許田

それまで高速道路の山間部をずっと走って来たので、ぱっと開けた海岸線はとても気持ち良くロケーション最高です。

許田I.Cをおりてすぐの国道58号線沿いを走り海沿いの駐車場へイン。

 

道の駅許田は人気観光地といってもいいくらいの北部観光の玄関口です。

2021年7月に名護東道路の開通と同時にリニューアルされ、一番大きな変更は駐車場が上りと下りで別れたことです。

那覇方面からは海側駐車場から上空通路で道の駅に渡ります。

 

旅行者が選ぶ道の駅で全国1位に輝いた実績があるだけのことはあります。

沖縄グルメ、ここでしか買えない特産品、お土産がいっぱいあり立ち寄って後悔しません。というか、ぜひ立ち寄っていただきたい道の駅です。

 

那覇空港からレンタカーで借りて走ってくるとちょうどお昼過ぎになってお腹が空いてくるんですよ。

ほんとナイスな場所にある道の駅許田はおすすめです。

 

割引チケットをゲット

立ち寄る理由はもう一つ。

名物グルメ・特産品・お土産もいいけど割引チケットを売ってるのがいいんです。

美ら海水族館行く人は必須の道の駅で、家族が大人数だとけっこうお得になるのでおすすめです。

 

美ら海水族館
大 人 1,850円 → 1,600円
中 人 1,250円 → 1,100円 (高校生)
小 人  620円 →  550円 (小・中学生)
6歳以下 →      無 料

家族券(大人2名+小人2名)
5,000円→     3,950円

古宇利オーシャンタワー
大人 850円→ 770円
中人 600円→ 540円(中学生・高校生)
小人 300円→ 270円(小学生)
6歳以下 →  無 料

世界遺産今帰仁城跡
大 人 400円→ 320円(大学生以上)
小 人 300円→ 240円(小~高校生)
6歳以下  →    無 料

ナゴパイナップルパーク
大 人 1,000円→ 900円(高校生以上)
小 人    600円→ 540円(4歳~15歳)
4歳未満   →    無 料

OKINAWAフルーツらんど
大 人 1,000円→  900円(中学生以上)
小 人  600円→  540円 (4歳~中学生)
3歳以下   →         無 料

まだまだいっぱいお得なチケットが販売してるんだけど注意事項もあるので注意してね。

  • 道の駅開店の8:30から購入可能
  • チケットの購入は現金のみ
  • 窓口での販売のみでネットでは売ってません
  • とくとく5パスの有効期限は最初の施設の入場から5日間

チケット未使用(きれいな状態)で購入時のレシートを持っていれば返金してもらえるので、もし使わなくても買っておいても損は無いです。(やんばる亜熱帯の森のチケットは不可)

 

道の駅許田
やんばる物産センター

 206 476 739*63

住所
〒905-0024
沖縄県名護市許田17-1


0980-54-0880

営業時間
8:30~19:00

 

名護東道路(無料)が開通したよ

さて道の駅許田を出発してすぐ美ら海水族館・辺戸岬直進、名護東道路斜め右の標識が見え間ますので名護東道路へ。

道の駅を出たらすぐ右車線にはいっておかないと慌てるので要注意です。

辺戸岬方面も名護東道路の方が早いと思うのですが、この標識間違ってないかい?

 

道の駅許田を出て名護東道路経由で約12kmのところにある真喜屋交差点を左折。

 

屋我地島から古宇利大橋で渡り、道の駅許田からは約21km・30分程度で古宇利島に到着。

 

やんばる急行バス

なんとやんばる急行バスを利用すればレンタカーなしで古宇利島泊も可能なのです。

やんばる急行バスの空港線が1日10便運航していますので、これに乗れば美ら海水族館や今帰仁城へ行くことができます。

バス停は国内線ターミナル1階外にあり、やんばる急行バスは「2番のりば」から発車します。

 

やんばる急行バス 四島線は、沖縄本島北部にある「瀬底(せそこ)島」と「古宇利(こうり)島」をのんびり結んで走っています。

四島線は高速道路を走らないのでよく見る路線バスの形で、途中、水納(みんな)島への船が出る渡久地港、沖縄美ら海水族館、世界遺産・今帰仁城跡などを通ります。

名前の由来は瀬底島、古宇利島、屋我地(やがじ)島と沖縄本島の4つの島をめぐるので、「四島線」なのです。

もうお分かりですね、やんばる急行バスの空港線(グリーンの路線)と四島線(マゼンタの路線)を乗り継げば古宇利島へ行くことができちゃうんです。

しかも古宇利島を一周しているので、一番北で降りればハートロックへ行くこともできます。

気になるのが運賃と所要時間ですが、

  • 空港線の那覇空港から美ら海水族館までが2,000円で約2時間15分
  • 四島線の美ら海水族館から古宇利オーシャンタワー・ハートロックまでが800円で約1時間

空港線 ⇔ 四島線の乗り継ぎは割引運賃があるので詳しくはお問い合わせください。

※渋滞等による遅延運航により空港線と四島線が乗り継げない場合もあります。

やんばる急行バス

〒905-0403 沖縄県国頭郡今帰仁村運天1番地

TEL:0980-56-5760  FAX:0980-56-3801

電話対応日:土日祝日を除く平日

電話対応時間:9時~17時(12時~13時除く)

公式サイト:YKBやんばる急行バス

 

その他(那覇バスツアー)

古宇利島へ行くバスツアーは那覇バスさんが那覇発着の1日まるごとバスツアー(5~7,000円)を何コースか出しています。

しかしどのコースも美ら海水族館がメインで120~180分も観光時間がとってあるのに、古宇利島は40分程度の立ち寄りとなっています。

これでは古宇利島の良さを満喫できませんが、美ら海水族館の入園券付きでこの値段は安いので世話なしでありだと思います。

気になった方は旅プラスワンさんまでお問い合わせを。

※古宇利島のみに行くバスツアーはありません。

 

スポンサーリンク

 

古宇利島の駐車場情報

今年10月に古宇利島に行ってきたので駐車場情報を更新して別記事にまとめました。

ハートロック周辺もいろいろ変わっていたので以前よりパワーアップしていますので覗いて行ってください

 

スポンサーリンク

 

古宇利島の観光ガイド

住所:沖縄県国頭郡今帰仁村字古宇利

アクセス:那覇空港から高速道路で約1時間30分

大きさ:直径約2キロ・一周約8キロ・車で約10分

 

古宇利島観光スポットマップ

①古宇利大橋南詰展望所

②古宇利大橋

③古宇利島ふれあい広場

④古宇利ビーチ

⑤チグヌ浜

⑥古宇利オーシャンタワー

⑦ハートロック・ティーヌ浜

⑧トケイ浜・ピース浜

 

古宇利島の観光時間

古宇利島の観光所要時間は見る場所や遊び方によって変わってくるので一概に言えませんが、上記8ヶ所を回るだけでも4時間は欲しいところです。

見たい場所を厳選すれば3時間程度でも回ることもできるでしょう。

もちろんビーチで海水浴やシュノーケリングをするならそれだけで1日ほしいですし、夜間星空を眺めたいなら古宇利島の宿泊をお勧めします。

 

①古宇利大橋南詰展望所

古宇利島に渡る前にある絶景スポットで、古宇利大橋・古宇利島をバックに記念撮影しちゃいましょう。

行きに立ち寄るのがおすすめで、テンションMAXうきうきな気分で古宇利島の期待が高まります。

 

時間があれば下の砂浜に降りられる階段があるので行ってみましょう。

 

橋の下をくぐって反対側にも行くことができます。

 

人気スポットゆえに駐車場が満車のことも多く駐車待ちの車が並ぶこともあります。

この駐車場が満車でも手前にある展望レストラン「美らテラス」の駐車場は空いていることがあるのでこちらを利用するのも手です。

美らテラスのオープンデッキのカフェは眺望もなかなかのもの。

観光所要時間:30分

 

②古宇利大橋

2005年に完成した古宇利大橋は、今帰仁村(なきじんそん)の古宇利島(こうりじま)と名護市の屋我地島(やがじしま)を結ぶ全長1960m。

橋自体がインスタ映えするので、この橋を渡りたいがために空港から車を走らせる人もいるくらいの人気スポット。

 

島に向かって一直線に伸びる橋は下を大きい船が通行できるように一部が高くなっています。

そのためジャンプ台の様な傾斜があるので海に向かってダイブする感じに走って行きます。

 

橋の上は駐停車禁止なので橋からの景色をゆっくりと眺めたい方は歩いて渡るしかありません。

くれぐれも運転者はよそ見をしない様に走ってくださいね。

南詰展望所か古宇利島ふれあい広場の駐車場から橋の歩道を海の上まで歩いて行くととても気持ちがいいです。

観光所要時間:10分

 

③古宇利島ふれあい広場

古宇利大橋を渡った左手にある橋詰公園にもちょっとした展望台があり古宇利大橋を一望できます。

駐車場は古宇利島ふれあい広場に停めて歩いて散歩しましょう。

 

古宇利島ふれあい広場はお土産や特産品の販売をしているので中をのぞいてみましょう。

おすすめは石垣島産のスナックパイン・ピーチパイン・石垣珊瑚(パパイヤ)かな。

観光所要時間:20分

 

古宇利島ふれあい広場

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利323-1番地

電話 0980-56-5574

 

④古宇利ビーチ

古宇利島では一番メジャーで人気のビーチです。

橋を渡ってすぐの両側にあり、駐車場も古宇利島ふれあい広場か橋の反対側の無料駐車場が利用できます。

遠浅でエメラルドグリーンの海は見ているだけでも最高の気分させてくれますし、砂浜を歩くだけでも古宇利島に来てよかったと感じるはずです。

 

橋の左側のビーチですが10月末なので誰も泳いでませんね。

 

橋の右側のビーチ

ちなみに沖縄は3月末には海開きが行われますが、さすがに3~4月の海水浴は天気のいい日に限られます。

5月には梅雨入りしますのでベストシーズンは6月~10月中旬くらいまででしょう。

 

古宇利ビーチで海水浴をする場合は、古宇利島ふれあい広場に無料駐車場・食堂・更衣室・トイレ・シャワーがあります。

他にもビーチの近くに飲食できるスポットや駐車場がいくつかあり、パラソル・浮き輪などいろいろレンタル用品もそろっているので水着さえあれば海水浴ができます。

家族連れの海水浴ならなら古宇利ビーチが一番おすすめです。

観光所要時間:30分

 

⑤チグヌ浜

チヌグ浜には駐車場がないので古宇利ふれあい広場から歩いて行きます。

 

約600mで景色を見ながらゆっくり歩いても10分あれば着きますが、日陰もなく夏場は激熱なので古宇利ふれあい広場でベットボトルの飲料を買っていきましょう。

 

海沿いの道路を歩いていると浜に降りる階段があります。

防波堤の方は立ち入り禁止になっているので行かないようにしましょう。

と言っても上の写真んで防波堤の上で釣りを楽しんでいる人がちらほらいらっしゃいました。

 

下に降りるとそこにはきれいな砂浜と洞穴があるんです。

 

観光客もあまり来ない小さなビーチは満潮時は砂浜がなくなるのでビーチサンダルがベストです。

流れが速いので泳ぐのはNGです。

 

実はこの洞穴、沖縄のアダムとイブ伝説があり恋島と呼ばれる所以なのです。

恋島(くいじま)がなまって古宇利島になったという話に納得。

観光所要時間:30分

 

⑥古宇利オーシャンタワー

2013年11月にオープンした古宇利オーシャンタワーは、古宇利島の海抜82mからの絶景を楽しむことができるスポットです。

駐車場からタワーまでは自動で動くカートで移動します。南国植物のあいだをゆっくり10分くらいかけて上がって行くので、絶景ポイントを満喫できます。

 

展望台は、2階、3階と屋上にありますが、開放感がある屋上が人気です。

タワー内は、風景を見ながら贅沢な時間を過ごせるレストラン&カフェ、オリジナルスィーツ&ファクトリーショップがあります。

オススメは1万点以上の世界の貝を展示したシェルミュージアムは、しっかりとした造りで女の子が喜びそうな感じでした。

観光所要時間:60分

 

古宇利-オーシャンタワー

住所 沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538

電話 0980-56-1616

入館料
大人     850円
中・高校生  600円
小学生    300円
小学生未満   無料

営業時間
9:00~18:00(最終入園 17:30)

駐車場 200台(無料)

定休日 年中無休

 

⑦ハートロック・ティーヌ浜

古宇利島の北側のティーヌ浜に、嵐のJALのCMで話題になったハーロックがあります。

一つ一つの岩はハートと言うよりYなのですが、二つが重なるとあら不思議、見事な逆ハートの出来上がり。

ただし満潮だとハートが海に浸かりますので、ただの三角形になります。

 

以前は背丈ほどのある草の間を進んだ道も現在はきれいにコンクリート舗装されティーヌ浜まではスムーズに行くことができます。

 

嵐のCMを知らない人も訪れる人気のハートロック。

カップルに人気の理由は古宇利島の名前の由来は恋島だからです。

観光所要時間:30分

 

⑧トケイ浜・ピース浜

自然現象の岩「ポットホール(円筒状空洞地形)」があるビーチとして知られています。

 

ニュースでも流れた、小笠原諸島の海底火山の噴火で流れ着いた軽石の状況です。

海が灰色になっている部分は浮いている軽石のかたまりです。

観光所要時間20分

観光ポイント

  • ティーヌ浜、トケイ浜とも砂浜はさらさらで靴が埋まってしまいます。出来ればビーチサンダルを持っていくといいです。
  • 本来ならこの辺りの海は沖縄でも特に美しく、人も少ないのでプライベートビーチになる時もあります。
  • シュノーケリングで美しいサンゴ礁をのぞくと岸から近い場所でも南国の色鮮やかな魚たちを見ることができます。
  • ただ海水浴場ではありませんのでリーフカレントには気を付けて潜りましょう。

※リーフカレントとは、サンゴ礁の内側は静かに見えてもサンゴ礁の隙間から外への流れが強い場所があります。その危険な流れをリーフカレントと言います。

 

古宇利島と合わせて寄りたい観光スポット

美ら海水族館

マップコード

553 075 768*38

住所
〒905-0206
沖縄県国頭郡本部町字石川424番地


0980-48-3748 FAX 0980-48-4444

営業時間
通常期 10月~2月 8:30~18:30(入館締切・17:30)
夏期    3月~9月 8:30~20:00(入館締切・19:00)

休園日
12月の第1水曜日とその翌日(木曜日)

入館料
8:30~16:00
大人 1,880円
中人 1,250円(高校生)
小人  620円(小・中学生)
6歳未満 無料

16:00~入館締切
大人 1,310円
中人  870円(高校生)
小人  430円(小・中学生)
6歳未満 無料

駐車場
P1~P9
約2,000台
(立体駐車場・高さ制限2.3m)

海洋博公園の駐車場は全て無料です。

沖縄美ら海水族館の最寄りの駐車場は北ゲート駐車場(P7立体駐車場)です。

公式HP
美ら海水族館

アクセス

古宇利島より一般道で約30分・19.6km

関連記事 美ら海水族館が気になった方は「那覇空港から2時間の距離 美ら海水族館の行き方や注目の観光ポイントをまとめてみた」まで。

 

 

世界遺産 今帰仁城跡

マップコード

553 081 587*48

住所
〒905-0428
沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101番地

☎・FAX
0980-56-4400

営業時間
通常期間(1~4、9~12月)
午前8時~午後6時(最終入場午後5時30分)

夏期延長期間(5~8月)
午前8時~午後7時(最終入場午後6時30分)

定休日
年中無休

入場料
大人   400円
小中高生 300円
小学生未満 無料

駐車場
乗用車320台
※駐車料金無料

公式HP
世界遺産今帰仁城跡

アクセス

古宇利島より一般道で約22分・14.6km

関連記事 古宇利島から一番近い世界遺産「今帰仁城跡のアクセス 駐車場 グスク一番の絶景から見どころを現地レポ

 

 

ナゴパイナップルパーク

マップコード

206 716 467*76

住所
〒905-0005
沖縄県名護市為又1195


0980-53-3659 FAX 0980-53-0421

営業時間
9:00~18:00
最終受付17:30(パイナップル号)

定休日
年中無休

入園料
大人(16歳以上)1,000円
小人(4歳〜15歳) 600円
4歳未満                 無料

駐車場
乗用車200台・バス20台
※駐車料金無料

公式HP
ナゴパイナップルパーク

アクセス

古宇利島より一般道で約22分・15.0km

 

OKINAWAフルーツらんど

マップコード

206 716 615*02

住所
〒905-0005
沖縄県名護市字為又1220-71


0980-52-1568 FAX 0980-52-1104

営業時間
9:00~18:00
(最終入園受付時間17:30)

定休日
年中無休

入場料
大人 1,000円 (高校生以上)
小人  600円 (4歳~中学生)

駐車場
乗用車150台
※駐車料金無料

公式HP
OKINAWAフルーツらんど

アクセス

古宇利島より一般道で約22分・14.9km

 

 

古宇利島のまとめ

古宇利島のご案内はいかがでした? 空港から高速道路で1時間30分かかりますが、沖縄観光では欠かせない美しい島です。

  • 古宇利島観光はレンタカーが一番回りやすい
  • バスでいくならやんばる急行バス
  • 古宇利島の駐車場はほとんどが無料駐車場
  • 定番は古宇利ビーチで海水浴
  • 恋島のルーツチグヌ浜は歩いて行こう
  • 一番人気はいまでもハートロック
  • 古宇利オーシャンタワー天気がいい日は絶対に入りたい
  • 古宇利大橋南詰展望台は行きがおすすめ
  • 観光は最低3時間は見ておこう

古宇利島からなら世界自然遺産に登録されたやんばる観光もはかどります。

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。この記事が気に入っていただけましたら、はなはなの励みになりますので、ポチッとシェアしていただけると幸いです。

おすすめ記事

 

おすすめ記事

SNSシェア

シェアしてもらえたら嬉しいです

-旅行記
-

Copyright© ドライブ旅のみちしるべ , 2022 All Rights Reserved.