旅行記

海中道路は満潮がおすすめ?沖縄屈指の離島巡りドライブコース

更新日:


沖縄では多くの人がレンタカーを使いながら観光しています。

それはバス以外の公共交通機関は那覇市内を走るゆいレールしかなく、どうしても空港から離れた遠方の観光となればレンタカーでとなります。

ということで、せっかく沖縄に来てハンドルを握るのなら、きれいな海を見に行きたいですよね。

ドライブしながら抜けるような青空の中、エメラルドグリーンの海の上を走ってみたくないですか?

そんなあなたにピッタリのドライブコースが海中道路です。

この記事では海中道路といった不思議なネーミングから、ドライブコース、観光スポットを現地レポでお伝えします。

アクセス、駐車場情報、観光案内、混雑状況など撮って来た写真でシェアします。

皆さまの旅に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

 

海中道路とは?

全長約5kmの離島へ渡る通行無料の一般道です。

正式名は沖縄県道10号伊計平良川線で、その一部が海中道路と呼ばれ沖縄本島の勝連半島から浜比嘉島、平安座島、宮城島、伊計島へのアクセス道路です。

海中道路は中央分離帯のある片側二車線の道路で、両側を海に囲まれた沖縄を代表する人気のドライブコースなのです。

海の中を走る訳ではなく不思議なネーミングですが、まず歴史を見てみましょう。

勝連半島と平安座島の間の海域は浅瀬が広がっており、古来より干潮時には徒歩で行き来されてきました。

1970年(昭和45年)にアメリカの石油大手「ガルフ石油」(現在は沖縄出光が買収)が平安座島に石油基地を作るにあたり、島民に対する見返りとしてガルフ社の負担で道路を建設しました。

とは言ってもその道路の下には沖縄本島につながるパイプラインが敷設されていたので、お互いWIN・WINではありました。

沖縄返還以降の1974年(昭和49年)地元に無償譲渡され1991年(平成3年)には県道に昇格。

1999年(平成11年)に潮流を確保するための橋も架け替えられ、4車線化が完了し大型駐車場・海の駅「あやはし館」が完成。

以上の事からわかるように海中道路とは海の上を走っていますが、浅瀬上に築かれた低い堤防道路であり長い橋ではないのです。

視線は眼下に海を見下ろす感じではなく、、、その先は実際に走ってみてご体験下さい。

 

スポンサーリンク

 

海中道路のアクセス

沖縄本島中部に位置しますので、南部・北部のどちらからでも基本的には沖縄高速道路を使用したほうが早いです。

もちろん浜比嘉島、平安座島、宮城島、伊計島へのアクセス道路としても利用されますので通行無料です。

ちなみにこの写真は勝連城跡から見た海中道路。

 

那覇空港付近のレンタカー会社より


沖縄自動車道
「豊見城・名嘉地IC」から「西原JCT」で沖縄自動車道へ合流し「沖縄南IC」まで

距離:所要時間
49.8km:約70分

高速料金
370円(普通車)

※沖縄北ICで降りた場合460円なので時間的に変わらない沖縄南ICがお得

 

パーキングアリア情報
中城PA(上り線・下り線)

場所
西原ICと北中城ICの間

売店営業時間
8:00~20:00

 

名護市方面より


沖縄自動車道
「許田IC」から「沖縄北IC」まで

距離:所要時間
55.6km:約60分

高速料金
630円(普通車)

 

パーキングアリア情報
伊芸SA(上り線・下り線)

場所
金武ICと屋嘉ICの間

売店営業時間
9:00~21:00

 

高速道路の注意点

沖縄自動車道は那覇ICから許田ICまでですが、那覇空港とは直結していません。

那覇空港から那覇ICへの市内中心部を通る一般道ルートは一年を通して混雑・渋滞していますのでおすすめしません。

レンタカー会社が多く集まる那覇空港東南部からは、国道331号線の豊見城・名嘉地ICから那覇空港連絡道に入り西原JCTで沖縄自動車道に合流がおすすめ。

対面通行の連絡道は最高速度60km、沖縄自動車道は最高速度80kmで、覆面パトカーも多いので楽しい旅を過ごす為にも制限速度は必ず守りましょう。

※2021年3月まで沖縄道特別割引適用中(約3.5割引)

※全日、現金・ETC共に割引が適用されます。

 

勝連城跡より

勝連城跡からは県道10号の1本道なので必ず寄りたいですね。

人によっては海中道路メインでそのついでに勝連城跡に立ち寄る場合もあるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

海中道路の駐車場情報

海中道路沿いに細長い駐車場が約600mに渡り作られています。

駐車場所も海の駅に行くならどんどん奥まで行ってしまえば良いのですが、時間があればA駐車場にとめて突き出ている先まで行ってみましょう。

 

海中道路の中央分離帯を挟んで両側にあるので上下線どちらからでも利用できます。

中央分離帯の1ヶ所が切れていますのでUターンや反対側の駐車場に行くことも出来ます。

本島の勝連半島からは赤い吊橋を過ぎたら左側の側道に入ると駐車場に行ける(ロードパークの案内番有り)

駐車場A~Dまでは反対車線を使わずに戻ることが出来ますので、Dまで進んで満車であれば戻れば良いのです。

上り線駐車場は陸橋で展望台とつながっており徒歩で海の駅まで移動できる。

 

マップコード

 499 575 297*31

住所
〒904-2427
沖縄県うるま市与那城屋平4

電話
098-978-0077 (うるま市観光物産協会)

駐車料金
無料

駐車台数
A・B・C・D合計で約280台

上り線駐車場約30台

営業時間
24時間

混雑状況
人気ドライブルートで土日祝はかなり混雑します

駐車可能台数が多く回転が早めなので探してみましょう

車高制限
なし

※情報が変更されている場合もありますので、ご利用の際は必ず現地の表記をご確認ください。

 

スポンサーリンク

 

海中道路の観光情報

ラピスラズリの突堤

海中道路に作られた人工の突堤でポツンと海岸から飛び出しています。

「ラピスラズリの突堤」と勝手に命名。

一番近いA駐車場に停めて歩いて先まで行ってみましょう。

海中が見えるくらいの透明度で、ラピスラズリを散りばめたような海はを時を忘れます。

満潮時は波気しブロックまで水位があり砂浜はなくなっていますが、とても美しい海が広がっているのできれいですね。

 

海中道路は満潮がおすすめ?

この一帯の海域は遠浅で潮の満ち引きによって見た目にもかなりの差ができるのです。

道路ができる前は干潮時には歩いて島に渡っており、島民は道路ができるのを心待ちにしていたそうです。

画像は満潮で砂浜が有りませんが、干潮ではずっと先まで真っ白な砂浜が広るのです。

干潮に出くわしたのならぜひビーチサンダルを履いて遠くまで歩いてみて下さい。

地元の人の話で、大潮の時はサンゴが見れる時もあるそうですよ。

 

大潮の時などは砂漠のようになってしまうので、あまり潮が引いてしまうのも写真映えしないと思います。

SNSの反応を見てもみなさん干潮の時はきれいな海を見れなくて残念がっています。

ドライブのオススメはコバルトブルーの景色が見れる満潮時だと思いますので訪問日時を調整しましょう。

※砂浜でカニ・ヤドカリ等の海洋生物と戯れたい人は干潮をチョイスしましょう。(子供は干潮の方が喜ぶかも知れません)

海中道路潮位表で満ち引きをチェック!

 

海の駅 あやはし館

マップコード

 499 576 350*41

住所
〒904-2427
沖縄県うるま市与那城屋平4


098-978-8830

営業時間
9:00~19:00(冬季は18:00まで)

駐車場
約50台(無料)

定休日
年中無休

混雑状況
多くの観光客が立ち寄りますので土日祝は混雑します。

駐車場は慢性的に満車状態ですので手前の海中道路の駐車場に空きがあれば利用しよう。

所要時間
30分~60分

その他

  • 特産品やお土産売り場
  • 海側のレストラン
  • マリンスポーツ客用にシャワー完備
  • 手ぶらバーベキュー設備有り

 

海中道路の展望台

海の駅「あやはし館」の目の前にある展望台で中は観光案内所。

海中道路の反対側の駐車場から陸橋でつながっているのでどちら側からでも来ることができる。

上からの景色は抜群なので、あやはし館とセットで立ち寄ろう。

海中道路の中央分離帯の上からの写真はここから撮られたものなのであなたもフォトジェニックに。

 

海中道路のアクティビティ

海の駅の横では各種アクティビティが楽しめます。

時期によっては予約無しでその場でOKなので興味のある人はチャレンジ!

ジェットスキー・マリンチューブ・パラセーリング・フライボード・ウェイクボード等

海中道路沿いの砂浜は「あやはしビーチ」といいますが、潮の満ち引きが激しいので海水浴客はあまりみかけません。

海水浴ならこの先の伊計島の大泊(おおどまり)ビーチに行きましょう。

ここより静かで海は沖縄屈指の透明度です。

 

スポンサーリンク

 

海中道路のドライブ

ドライバーはわき見厳禁で

海中道路は県道10号線の一部区間の事を言います。

遠くに赤い吊橋が見えますが、海中道路西口交差点からスタートです。

 

遠くからでも目立つ赤い吊橋。

夜間のライトアップされた姿も見てみたい。

 

赤い吊橋を過ぎたら左に寄って駐車場に入る準備をしましょう。

というか景色がいいし始めから左車線をゆっくり走れば良いのです。

 

駐車場に停めたらまずは海へ。

海の青さは空の青さに比例するのです。

曇りでもわかるのは海は透明度くらいでしょうか。

 

海の駅 あやはし館

道の駅ではありません海の駅なのです。

海の駅の駐車場は見るからに満車だったので、車は移動せず海中道路から歩いてきました。

ちょっと気になったので車のナンバーを見てみましたが、レンタカーの「わ」・「れ」は数台しかいませんでしたので、地元の方に愛される海の駅なのです。

 

ランチの予定があれば別ですが、決めてなければ海沿いのレストランも良いですよ。

値段も味も問題ありませんでした。

 

特産品が所狭しと並べられてますが、「HYグッズ販売中!」が気になる~。

はなはなは暑かったので紅型のフェイスタオルを購入するも、翌日ゆいレールの駅に忘れてくるという失態をしてしまいました(泣)

 

平安座島(へんざじま)

周囲約7kmの小さい島で、1970年アメリカの石油大手ガルフ社に始まった石油備蓄基地は現在は沖縄出光に引き継がれている。

隣の宮城島一杯まで埋め立てられた場所には、JXTGエネルギー(旧新日本石油)とコスモ石油(旧丸善石油)との共同出資により1973年(昭和48年)に設立された沖縄石油基地(株)が45基の巨大タンクを配備し日本の原油消費量の6日分を貯蔵しています。

この島だけで60基ほどの備蓄タンクがあり空からの景色は圧巻です。

 

 

浜比嘉島(はまひがじま)

先に浜比嘉島に渡ってみました。

 

島に渡った右側の橋のたもとにある浜漁港緑地公園から。

1997年(平成9年)平安座島と浜比嘉島を結ぶ浜比嘉大橋が開通で、今走ってきた浜比嘉大橋は古宇利大橋をちょっと小さくした感じです。

海中道路が4車線化になる2年前に完成してるんですね。

 

何が釣れるんでしょうかね~?

地元民の釣りスポットのようです。

 

宮城島(みやぎじま)

宮城島に来たらまず行きたいのが果報バンタ(カフウバンタ)ですね。

始めてネットでみた時はパンダ?と思いましたが、果報は沖縄の言葉で「幸運」・バンタは「崖・絶壁」なのです。

約120mの崖から見下ろす絶景は天気の良い日に言ったら声を失います。

SNSで絶景を自慢したい人の見学のポイントは

  1. 晴れた日に行きましょう(空の青さが海に映らないので暗い海になります)
  2. 午後からが美しい写真が取れます(東向きにあるので午前は逆光になります。海岸線に沈む夕日は見れません)
  3. 干潮は砂浜が多くなります(海のエメラルドグリーンが少なくなります)

海中道路潮位表で満ち引きをチェック!

 

 

伊計島(いけいじま)

周囲7.49kmの小さな島全体にサトウキビ畑が広がっています。

1982年(昭和57年)完成の伊計大橋には、橋の欄干に一対のシーサーが鎮座。

海中道路から平安座島、宮城島と離島ツアーの終点の伊計島までは勝連半島から約16kmのドライブ。

おすすめは大泊ビーチ

 

 

海中道路から4島巡りのドライブ

  1. 浜比嘉島:ムルク浜ビーチ 〒904-2316 沖縄県うるま市勝連比嘉 伊芸上231
  2. 平安座島:Sea Wall Murals 〒904-2428 沖縄県うるま市与那城平宮1
  3. 宮城島:果報バンタ(カフウバンタ) 〒904-2423 沖縄県うるま市与那城宮城2768
  4. 伊計島:大泊ビーチ 〒904-2421 沖縄県うるま市与那城伊計1012

距離:所要時間・23km 45分

ドライブ好きのはなはなが勝手にチョイスしてみましたが、この離島4島巡りはかなり満足度が高いですよ。

どこも立ち寄らず走り抜けるだけであれば片道45分。

しかし実際は立ち寄りたい所ばかりなので、海水浴はしなくても半日は見ておいた方が良いです。

 

海中道路と古宇利大橋の比較

海中道路とよく比較されるのが古宇利大橋かも知れません。

気になっている人も多いと思いますので簡単に比較してみました。

 

海中道路

  • 那覇空港から43.7km・約60分(沖縄自動車道)
  • 長さ:4.7km
  • 通行無料
  • 途中に駐車場・海の駅あり
  • ライトアップあり
  • 沖縄本島東側の太平洋に面しており朝日は望めるが夕日は見れない
  • 浜比嘉島・平安座島・宮城島・伊計島の離島巡り、車で5分のところに世界遺産勝連城跡、30分のところに世界遺産中城城跡、45分のところに座喜味城跡

 

古宇利大橋

  • 那覇空港から92.4km・約1時間30分(沖縄自動車道)
  • 長さ:1.96km
  • 通行無料
  • 途中は駐車禁止
  • ライトアップなし
  • 沖縄本島の西側の東シナ海に面しており朝日は望めませんが夕日見れる
  • 古宇利島というメジャー観光スポット、車で15分のところに世界遺産今帰仁城跡、20分のところにナゴパイナップルパーク、25分のところに美ら海水族館

 

海中道路も古宇利大橋も単体で通行するなら一日で可能ですが、それだと味気ない沖縄観光になってしまいます。

沖縄北部観光も中部観光も観光スポットが目白押しで合わせて寄りたい場所が多くそれぞれ一日かけて観光したいのです。

海の透明度は変わらないのでどちらがおすすめですか?と聞かれると困るのですが、しいていうなら別の日に両方行きましょうです。

しかし日程的にどちらかしか行けないのなら、子供連れなら美ら海水族館やナゴパイナップルパークが近くにある古宇利大橋がおすすめ。

年配者、お城好き、沖縄リピーターなら迷わず海中道路でしょう。

 

関連記事 古宇利大橋と合わせて寄りたい観光スポットも紹介しています。「沖縄観光で外せない古宇利島 アクセス方法や人気の秘密をまとめてみた」を参考に。

 

海中道路からの伊計島までの島巡りはドライブ好きにはたまらないコースだと思いますので、北部観光とは別の日に回りましょう。

関連記事 海中道路と合わせて寄りたいのは世界遺産「勝連城跡」が一押しです。「勝連城跡の魅力を現地レポ 360度大パノラマの景色が最高の世界遺産

 

海中道路のご案内はいかがでしたでしょうか?現地に行って気になった事をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 海中道路の名前の由来は橋ではなく海面沿いを走るから
  • 海中道路は通行料も駐車場も無料
  • 海の駅「あやはし館」が人気
  • 絶対天気の良い日がおすすめで海の青さがまったく違う
  • 満潮・干潮の差が大きい。美しい海を見るなら満潮
  • 遠浅の砂浜で遊びたいなら干潮
  • 海中道路だけでなくその先の離島巡りもおすすめ

 

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。この記事が気に入っていただけましたら、はなはなの励みになりますので、ポチッとシェアしていただけると幸いです。

おすすめ記事

 

おすすめ記事

SNSシェア

If you like, please share

-旅行記
-

Copyright© ドライブ旅のみちしるべ , 2019 All Rights Reserved.